おばさんの日々感じた事、趣味、料理、
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報商材
2007年03月28日 (水) | 編集 |
 最近、よく見かける情報商材で人気がある商材を
 上げて見ました
 ちょうど これから始まるG1に備えて頂けたらいいかも、、、
 
冊子版 競馬予想業界に大革命!初心者こそ【激勝】できる【年間壮大プロジェクト】



 
スポンサーサイト
いかなごのくぎ煮
2007年03月09日 (金) | 編集 |
 久しぶりの更新です、、、
私が住んでいる近くでは いかなごが獲れる
多くの方が 自宅でいかなごを炊き 知り合いに送っている
郵便局では いかなご専用のパックもあり その中に容器も
付いているので、すぐに発送できる ポストOKらしい!!
実は、私も家で炊いている 市場へ出向き並んで買っている
今年は不漁で少ないようだし、値段も高い、、、
でも、すでに6K炊いているが、もう少し炊いてみようと思って
います。1kずつ炊くので大変だ だいたい40~50分かかるから
1日3kがベストかな なんせ、その間、火のそばから離れられない
これが、少しやっかいだ と、いいながら何年も続いている!?
 ここで、私のレシピを、、、、
   いかなご 1k  しょうゆう 200cc  
   ざらめ 200g   みりん 50cc みずあめ 大2~3
  ①いかなごはざるに入れ、流水であらい 水を切っておく
  ②鍋にしょうゆう、ざらめ、みりん、水あめを入れ
   煮立たせる(小さい泡が出て、鍋の上の方まで 上がってくる)
  ③その泡をめがけて、いかなごを手に取り ふるように 入れて
   いく (火は最初から強火)
  ④いかなごを入れると 泡は沈み、又、泡が立ち始めるのを待ち
   鍋の半分位まで来たら、いかなごを入れる
   その作業を繰り返ししていく 10回位かな
  ⑤④の作業が終わり、泡が立ってきたら アルミホイルで蓋を
   して 泡が沈まないように 火加減を調整する
  ⑥泡が鍋の上、すれすれを保って炊いていく
   ④で20分位、⑥で20分位すると 泡がだんだん沈んでいく
   いかなごの上で何箇所の泡になったら アルミホイルを取り
   汁も鍋した5ミリ位になったら 火を少し弱め(中火)
   2、3回 鍋を持ちいかなごを 返すようにふる
   もう一度、火にかけ(10秒~20秒)出来上がり
  ⑦パットかざるにいかなごを移し、広げてさます
   うちわで扇ぐと良い(急激に冷ます事)
   
    注  鍋は昔ながらのアルミが使いやすいです
       いかなごは泡で炊く
       炊いている時は決してかき混ぜない
       パットの場合は斜めにしておく
       (煮汁を切るため)
 いかなごが手に入り、一度試したいかたは、炊いてみて下さい
 みずあめを入れる事で ピンと仕上がります
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。